機械式時計って何?機械式時計の概要

ゼンマイを動力とする「機械式時計」

「機械式時計」とは、ゼンマイを動力とする時計のことです。ゼンマイ以外の動力源は電池で、電池を動力とした時計は「クォーツ式時計」と呼ばれています。機械式時計は、英語表記にすると「Mechanical watch(メカニカルウォッチ)」になります。そもそもゼンマイを巻き上げて動力とする機械式時計は17世紀に誕生しています。誕生当初は大きな置時計でしたが、技術が進歩するにつれて小型化が進み、腕に付けられる高級時計としての機械式腕時計が一般的になります。大変細かい部品が技術者の手で組み上げられた、精密機器です。そのため定期的に分解掃除が必要で、メンテナンスに時間がかかります。維持費がかかることも、機械式時計が高級時計と言われるゆえんです。しかし、きちんとメンテナンスをしていれば、一生使い続けることができます。

「自動巻き」と「手巻き」の2種類があります

「機械式時計」はゼンマイを動力にしていますが、ゼンマイの巻き方により2つの種類があります。それが「自動巻き」と「手巻き」です。一般的なのが「自動巻き」で腕時計のムーブメントに内蔵されたローターという部品が回転することで、ゼンマイが巻き上げられます。腕時計をしながら歩くだけでもローターが回転し、ゼンマイが巻かれるため「自動巻き」と呼ばれています。一方で、リューズと呼ばれる部品を手で回してゼンマイを巻く方式の機械式時計は「手巻き」と呼ばれます。ローターが部品として入っていないため、薄型の腕時計を作りやすいと言われています。そのため手巻き式時計には品位を感じさせる上品な腕時計が少なくありません。ただしリューズを巻く手間が必要なので、「日常使い」がしやすいのは自動巻きの機械式時計と言えるでしょう。

© Copyright Information About Mechanical Watches. All Rights Reserved.