機械式時計のデメリットとは!

購入に維持、お金も必要

機械式時計は伝統的で歴史があり、持っているとステータスになる時計も多いです。上から下まで幅はありますが、価格はそれなりにすると考えて良いでしょう。しかし、お金が必要なのは購入するときだけではありません。長年時計を使えば狂いも生じてきますし、そうなったらメンテナンスも必要ですよね。このメンテナンスにかかる費用も高額になる可能性があります。 機械式時計は複数の部品が繋がって時間を動かしています。そのため一度時計内部を分解して調べる必要があり、また細かな部品も多く隅々までチェックは欠かせません。こういった手間のかかる作業なためメンテンナンス代は高額になりがちです。しかも部品の交換が必要になったら部品代もかかり、高額だったということも珍しくありません。

動力は手動なので、こまめに腕を動かしたり巻くのを忘れずに

機械式時計の動力はゼンマイです。そしてゼンマイを巻くのに、腕を動かすタイプや自分で巻くタイプがあります。腕を動かすタイプはこまめに腕を、自分で巻くタイプは巻くのを忘れると止まってしまいます。時計が止まっていることに気づかずにいると、場合によっては大変なことになりますよね。 自分で巻くタイプは数日で、腕を振るタイプも基本的に毎日つけていないと止まってしまいます。動かすにはどちらのタイプも時計の横にあるリューズを巻くことで動かすことが可能です。腕を振るタイプは日ごろ動かしていれば自然と巻いてる状態になりますが、一つ注意点があります。機械式時計は繊細なので、大きく動かしたりしすぎると故障につながる恐れがあります。無理に派手に動かすのはやめた方が無難です。

上質の美しさを誇るグランドセイコー

グランドセイコーは、見た目の美しさはもちろん、国内一貫生産という安心も兼ね備えた世界でも有数の高級時計です。

© Copyright Information About Mechanical Watches. All Rights Reserved.